観劇:宝塚るろうに剣心千秋楽ライビュ観てきました。

観てきました。感想です。

DSC_0447

千秋楽ということで。

だいたいアドリブと、あと個人的に斎藤さん観てきました。

アドリブあるだろーなーと思ってたところはだいたいありましたw まあ、やれるところは限られてるよね。だいたい、観柳とか比留間組とか。観柳とか。ガトリング砲とか。観柳ですよ。

全体的に比留間組のリアクションが大きくなってましたね。組長が派手にひっくり返ってたのを筆頭に、手下たちも結構バタバタしてたと思う。短いけど、比留間組たちが丁半賭けてるシーンがすごく好き。あの壺振りかっこいい。

千秋楽のアドリブって、賛否あると思うけど(千秋楽だからといってふざけてはいけない、みたいな)、やっぱりさー、あれば楽しいよね。というか、生徒さんたちも基本やりたがりなんじゃないかなと…おちゃめというか。人前に出て魅せるお仕事だもんな。そりゃやりたがりさん多いよな。もちろん、人によるとは思いますが。

* * *

印象に残ったのはやっぱりガトリング砲のシーンですか。観柳が、がとがと言いながら舞台の上手に一回はけてしまい、おいこらと呼ばれて戻ってきた時には手に「絆」と書かれた扇子もってました。そこは「満員御礼」とか「祝千秋楽」とかじゃないのかと思ったら、みんなで絆!絆!やってました。そして加納が「観柳の妄想劇場に付き合ってくれてありガトー!(うろ覚え)」とか言いながら奈落に沈んでいきました。加納の貴重なおふざけシーン(本来シリアスキャラなので)。しかしだいもんさん(加納)歌うまいよな。いちばん安定感ある気がする。

あとは、剣心のダンスが上達してて、カトリーヌ先生に褒められてたり。

弥彦の「薫が泣いてる!」のジェスチャーがパワーアップしてたり。

剣心の「おろー」が全体的にギャグちっくになってたり。

セバスチャンがめっちゃ投げキッスしてたり観柳が仕返してたり。

薫はかなり声が枯れてたように聞こえました。歌声になるといいんだけど、セリフが…。DVDでも枯れてるように思えたんだよなあ。もともとハスキーなのかとも思ったけど、公演を見に行った時はそんなこと感じなかったので、やっぱり単純に枯れてしまってたのかな。そこは残念でした。どうなんだろ。

やっぱり弥彦かわいいなあ。燕ちゃんとの舞台端での絡みが、DVDでも今回のライビュでも見切れてて、見れなくて残念。赤べこの歌もやっぱり可愛いですね。お妙さんもDVDと印象が変わって見えたんだけど、同じ人なのかな…? DVD収録日って、フルメンバーではないんですよね、多分。

斎藤さんは相変わらず美人さんでした。性格まるくなってるというか、話がわかるキャラになってるというか。原作でもそれなりに融通きくキャラではあるんですが。ヅカのは左之助たちと普通に仲良さそうで微笑ましい。恵さんは動きが指先まで綺麗。蒼紫のコートさばきかっこいい。でもあれ忍んでない。

* * *

そいえば、ライブビューイングって初めて見たんですけど、カメラのスイッチ切り替えがさすがプロですね。リアルタイムのライブだというのに。だいたい見たいところが見れました。序盤の竹が倒れるシーンも、ちゃんと竹を画面に収めてた。

何度かそこじゃない!って時もありましたが。最初の辻斬りの場面で、死にかけてる若旦那が加納の覆面をはぎ取って、顔があらわになるシーン。顔をあらわにしなくちゃいけないのに、なぜか女将さんの方をずっと映してた覚えがw

あと、フィナーレの階段降りのときも、ちょっとだけカメラが迷子になってましたねーw ま、あんだけたくさんの人がどんどん降りてくるんだから、さすがに仕方ない。全力で、脇役の人たちを含め、生徒さん全員を映していこうとしてる意気は伝わってきました。

次のライビュは刀ステの予定なんですが、刀ステはカメラどうなんだろ。宝塚はなんにせよ安心感があるんですが、刀ステは予想がつかないなぁ。見たいところ見れるといいな。アーカイブ動画とかできちんと編集したのものちのち見れるんですが。



スポンサーリンク
ランキング

BLOG ランキング 参加中
 ブログランキング・にほんブログ村へ