一血卍傑:【プレイ日記】第一部第二章『出雲道中』開始しました

おもむろにプレイ日記なるものをはじめてみる。

第二部でキリがいいので、書けるだけプレイ日記を書いてみよう。とりあえず、イベント『討伐開始祭』クリアを目標にします。

第一部二章『出雲道中』開始しました

二章第一話『三輪山』へ

制限Lv31。部隊Lv27でクリアしました。

01

カァくんの人脈ならぬ、鳥脈の情報により、三輪山ヘ向かうタケミカヅチたち。今回はスサノヲとアマテラスがお供です。三輪山にも殺界炉があるらしい。

けれども、すぐさま人選を後悔するカァくん。オオモノヌシ&オオクニヌシは、アマテラスたちと仲が悪いらしい。

確かに神話を元ネタとすると、オオクニヌシとアマテラスたちは仲悪いだろうなあ…。

* * *

スクナヒコくん登場。大国主の国造りに参加した神様ですね。

02

唐突に出てきた『独神一派』の文字。

独神さんって別に八百万界の中心ってわけでもないんだね。いくつか派閥があんのかなぁ。独神一派の中心チームが神代八傑ってことなんでしょうかね。

歴史上の人物たちも、派閥で別れそう。

前回、独神は女の子がいいなあとか書いた覚えがあるけど、それなら男でもいいかなとか思い始めてきた。まあどっちでもいいんですがw でも、リーダーが男だとかっこよくね?

* * *

前後しますが、三輪山へ入ろうと思ったら結界がはられていたので、力づくでそれを破壊するスサノヲ。

祟りで病気になりました。

デスヨネー。

って、オオクニヌシだか、オオモノヌシだかの祟りらしいんですが(どっちだっけ?)、神さまってそんなことできるの? じゃあ種族が『神』のアマテラスとかもなにかできる?

あと、スサノヲは病気になっちゃったんだから、本殿に帰って寝てたほうが…。スサノヲはやっぱ向こう見ずなトラブルメーカーな設定にされるんだなぁ…。

第二話『出雲の国へ?』

制限Lv32。部隊Lv27でクリアしました。

やっぱりスサノヲの病はおいそれと治らないらしい。

というわけで、スサノヲは本殿に放っておいて、余計な揉め事を起こさないように、種族が『神』以外のウシワカマルとシュテンドウジを連れて出雲の国へ。

スサノヲは、たぶん『社』『霊廟』蒲団の中にいるんだよね。ごめんね、スサノヲ、うちの蒲団まだLv1なんだ…。それでもよければゆっくり養生しておくれ。

* * *

一応、スサノヲが反省をして、いいところを見せようとするフォローもありました。スサノヲがオオクニヌシに会いに行くと言った時に、「絶対ダメ!」とアマテラスとツクヨミ姉妹があわててとめてましたが、病身のスサノヲの身を案じたか…やっぱり姉弟だもんね…と思えばそうでもなかった。

スサノヲが会いに行ったら逆効果だとか。よっぽど仲悪いらしい。まぁねぇ…。

タケミカヅチもオオクニヌシたちと過去に因縁があるらしい。あ、やっぱりあるんだ…。鶺鴒台で生まれたからといって、生まれたばかりの赤子ってわけでもないよね、そりゃあね。

オオクニヌシたちとアマテラスたちの因縁って、やっぱり国譲り神話が元ネタのそこらへんだろうなあ…。となると、とりあえず、タケミカヅチも留守番しておいたほうが…。

* * *

というわけにもいかないので、出雲の国へ出発。

2-2

タケミカヅチが気づく妙な気配とやらに、気づかない神代八傑

それだけ力が削がれてるんですかね?

2-3

イズモオクニちゃん登場。安土桃山時代の女の芸人さん。歌舞伎の元ネタ作った踊り子さんじゃないかなってことがウィキペディアに載ってました。なにそれ凄い。歌舞伎ってもとは女性も演じてたらしいしね。

妖艶な踊り子とあるけど、どっちかというと健康的な美人に見えるなぁ。シュテンドウジがイズモオクニちゃん口説きはじめるものの、タケミカヅチに怒られて泣く泣く別れ、一路出雲へ?

2-5

クリア後はこんな感じ。

曜日討伐が調整されるらしい

うーん。難易度下げてくれるのかな?

曜日討伐って、結構難易度が厳しいと思うんだよね。なにも考えずにつっこむとまず魂削られる。

御統珠稼ぎにいいかなあと思ってたけど、最近あんまりちゃんと挑戦してないや。


ゲームサイトはこちらから

一血卍傑 『一血卍傑 -ONLINE-』公式ページ

ランキング

BLOG ランキング 参加中
 ブログランキング・にほんブログ村へ