雑談:仕事が忙しくなってきたのと、乙女ゲーのボイスが恥ずかしいという話

仕事が忙しくなってきました。そういう時は寧ろ雑談記事を書きたくなる。

ヴィドックコードのカジノやったり、ダメプリのハロウィンイベントかじったり、囚われのパルマアオイ編をやったり、刀剣乱舞花丸をリピート再生してたりしてますが、ついに仕事が忙しくなってきました。

前にも何回か書いたけど、私の職場は、夏が暇で、冬が忙しいという極端なスケジュールに支配されています。冬の本当に忙しい時期は、週休一日で、残業●時間とか余裕で、家に帰ったら寝るだけ…(その代わり夏はめっちゃ楽)。その忙しい時期が近づいてきて、だんだんPCに向かう時間が少なくなってきてます。

ま、わかっていたことなんですがね。あと、私は寝ないともたない人間なので、疲れたと思ったらさっさと早寝しちゃうタイプなので、このブログの更新もきっと滞る………か、ストレス発散のための、こんなどうでもいい雑談記事ばかりになると思います。

でも!でも!

リンカネ文アルは、とりあえずやってみたい!

あとは、おそ松さんアニメの新作の情報とかありましたね。前のおそ松さん見たことないので、それまでに予習で見てみたいなあと思わなくもない。

おそ松さんたちの声優さんが、イケメンボイスぞろいだということしか知らない…。

* * *

イケメンボイスと言えば、私はどうも乙女ゲームとかのボイスが苦手でですね。嫌いとかじゃなくてね、恥ずかしくなるんですよね…!シチュエーションCDとかね、のたうちまわる。ごめんなさいな気分になる。

キャラじゃなくて、声優さんを慮ってしまう(?)のがまずいんだと思うんですが。

たまに、エロゲ声優さんにごめんなさいしてる男性オタクさん見かけるけど、まあ同じことよな。

この病気を克服するいい方法ないですかね…? だって、絶対損してるもんなぁ。素直に萌えたい。

たとえば、私が女性エロゲ声優だと仮定して(おい)、男性ユーザーさんに、ごめんなさいとのたうちまわられたとしてもですね、全然気にしないと思うんですよね。ていうか、遠慮せずにもっと聞け!ってなると思うんですね。

きっと男性声優さんだって、どんなに恥ずかしいセリフ読まされても、同じように思ってると思うんですよね。そういうことにしていいですよね?

あ、でも好きな声優さんはいて、杉山紀彰さんが好きです。大好きです。それは外せない。

シチュエーションCDも、聞いたことないわけじゃないです。無理矢理聞いて、何回か聞いて、聞き慣れればそのうち素面で聞けるようになります。苦行かw いやいや、好きで聞いてるんだけど。

しかも私、どうせ買うならさーと、基本的に濃いのしか選ばないというか、ネタっぽいのを選ぶ傾向があるので、これ↓とかどうですか(※ジャケット絵を表示させることさえためらってしまったほどの、かなりオトナ向け)。虚ちゃんがきもいです。

女王蜂の甘美なる交合 第二章 虚編

ドM男を罵る女王様になれるシチュエーションCD。こんなん聞いておいて、お前、本当にボイスが恥ずかしいのかときかれると、まあ…はい…。

ドMの攻略対象がいるゲームなんかないですかね。いや、別に私がSだとかそういうわけじゃなくてですね、ドSな俺様キャラもいいけど、その反対はどっかにいないのか!と前に叫びたくなってですね…。

属性としては、眼鏡とか、ツンデレとか、クーデレとか、従順(執事とか)キャラとか好きです。

そんなこんなな忙しさに現実逃避をしてる雑談でした。

ランキング

BLOG ランキング 参加中
 ブログランキング・にほんブログ村へ