「オトメイト×Nintendo Switch」オトメイトがPSvitaから、Nintendo Switchへハードを移行

12タイトルのラインナップを公開。あと今更ながらNintendo Switch本体がどんなものなのか、ちょっとした紹介をば。追記:オトメイト以外もswitch以降予定アリ

「オトメイト×Nintendo Switch」発表

しばらく移行先を模索していた(っぽい)オトメイトが、ついにNintendo Switchへ移行することを決定したようです。

追記:

『三国恋戦記オトメの兵法』『吉原彼岸花 久遠の契り』などもswitchで発売予定だとか。

発表タイトル一覧

移植モノ

・薄桜鬼 真改 風華伝 for Nintendo Switch(2018年9月6日発売予定)※シリーズ一作目の最新版の移植
・Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch(2018年9月13日発売予定)
・ニル・アドミラリの天秤 色ドリ撫子(2018年発売予定)※本編とファンディスク同時収録。追加要素あり
・NORN9 LOFN for Nintendo Switch※本編とファンディスク同時収録?
・AMNESIA for Nintendo Switch
・レンドフルール for Nintendo Switch
・戦刻ナイトブラッド ※スマホアプリからの移植

新作

・Cendrillon palikA(サンドリヨンパリカ)(2018年発売予定)
・私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~
・ビルシャナ戦姫 ~源平伝~
・一ジョープロデュース新作 LoverPretend
・薄桜鬼 新作

移植モノは、本編とファンディスクが同時収録される可能性が高いようです。ノルンノネットとかいっぱい出てるので、どうなるか…。

さすがに忍恋は出なかったか…。でもそのうち出そうな気はします。移植はやはり人気作品メインでいくと思いますし、ファンディスク同時収録だったりもするので、switchからオトメイトに手を出そうと思ってる人には嬉しいラインナップなのかも。

薄桜鬼の完全新作がさらっと紛れ込んでいたりもします。宝塚ファンとしては、ベルばら学園が気になって仕方ないです。ベルばらはいいぞ…!!

Nintendo Switchについてレビュー

やっとこ品切れ解消したswitchについてちょっとした紹介。

追記:ドッグなし、本体のみの『2台目セット』も発売決定されました。

Nintendo Switchは、左右のリモコン付きで、ほぼティッシュボックスと同じサイズのハードです。PSvitaより一回り大きい。

テレビに繋いで据え置き機のように遊んだり、携帯機のように両手で持ったり(※そこそこ重さはある)、フォトスタンドのように液晶部分だけを机の上に立てて、手元のコントローラで操作することもできます(テーブルモード↓)。ちっこいモニタで遊んでる感じ。お手軽です。

左右のリモコンを一つのコントローラとして合体する際に必要な『ジョイコングリップ』(↑)は最初から本体に同梱されています。ちなみにリモコンは、合体せずに左右バラバラの状態でも遊べます。

本体をセットするドッグと呼ばれるものは、主にテレビに接続するときに使います。あらかじめドッグから伸びているコードをテレビへ接続しておきます。

本体をドッグにセットする(上からぽんと置くだけ)と、自動的にテレビモードに移行して、テレビに画面が表示されるようになります。電源いれっぱなしで、さらにゲームの真っ最中でも移行できます。ドックから取り外すとすぐに携帯モードに戻ります。

あ、当然TVモードの場合、リモコンは外して使います。上のジョイコングリップに差し込んでもいいし、バラバラでもいいし、別売りのコントローラもあります。

ドッグにセットしている間は充電もされます。

ちなみにソフトはPSvitaのものとサイズはほぼ同じ。ちっさい。

本体の容量は、32GBとありますが、システム用にとられている部分もあるので、もうちょい少ない。ただ、DL版じゃなくて、パケ版を買う人なら、メモリーカードは当分いらないと思います。

ちなみに、メモリーカードはmicroSDカードを使います。PSvitaと違って、専用カードではないのでそこらへんの電気屋さんで買えます。というか、PSvitaのメモカはやっぱり高い。

オトメゲーマーが移行する際の(?)問題点

家族と共用する場合、乙女ゲーの存在はバレバレになります。笑

起動すると、画面に遊んだゲーム一覧が表示されてしまいます。ゲームソフトを抜いておいても表示されます。まあ、それをいうなら、PSvitaもそうなんですけどね。

PSvitaはまだスワイプ先にアイコン隠すとか、フォルダを作ってその中に乙女ゲーム全部しまうとかでカモフラできそうですが、switchは(たぶん)できません。3DSとかはフォルダ作れるんだけどな。

switchってファミリー向けな印象があるので、なんとなく家族と共用するイメージがあるんですよね。もちろん個人で遊ぶのならその心配はいりません。

あと、PSVitaより重たいです。新型PSvitaは219g。switchは携帯モードにした状態で398g。ずっと持ってると重たいかもしれません。ただ、Wii Uのゲームパッドよりは軽いらしいですね。そちらは持ってませんが。

テーブルモードやTVモードで遊ぶなら、重さの問題はなくなります。

良い点

画面がでっかい。PSvitaより一回り大きいです。

据え置き機なんていやだ!手軽な携帯機がいいんだ!!と言う人は、携帯モードで遊べば、ほぼPSVitaと同じ取扱いができます。ドッグはしまっておけばいいのです。充電するときもPSVitaと同じようにケーブルを直接本体にさせるので安心。

リモコンを外さずに、携帯機として取り扱うのなら、こういうのがあると便利です。


JEDirect 全面保護ケース カバー 衝撃吸収 擦り傷防止 ソフトケース Nintendo Switch専用 (ブラック)

左右のリモコンががっちりホールドされるという安心感がよいです。ただし、さらに重くなります。笑

って、今見たら、色んな色が出てるな!私が買ったときは黒しかなかったと思ったのですが…。ピンクとかいいなぁ。でもリモコンの色とあわないかな。リモコンをシンプルに左右ともグレイにして、カバーをピンクにするとかいいですね(黒とピンクの組み合わせが好き)。

取外し可能なリモコンもまるごとがっちりホールド!

まあこの手の周辺グッズは後でも買い足せるので、急がなくてもいんですけどね。

感想

私個人の感想としては、すでにswitchを持っているのもあって、switch移行は大歓迎です。

PS4はいろいろとハードルが高かったのかなぁ。

とはいっても、実際のところ、PS4も価格を下げた薄型も出てるし、そんなに悪くはないとは思うんですけどね。でも、なんか、とっつきにくい印象もあるもんな。PS4も、ゲームだけではなくてテレビの録画(専用ソフトが必要)とかもできるし、レコーダーとか持ってない自分からすれば、便利なんですよ。

昔は乙女ゲームもPS2とかで出てたんですが、今はもっぱら携帯機ですしねえ。オトメゲーマーって手元でこっそりやりたい人が多いのかな。PS4でリモートでPSVitaで遊ぶっていうのも面倒くさいし。

PSVitaの後継機もでなさそうですが、かといって3DSの後継機もでなさそうだし、なんだかんだとPS4やXboxよりかは、switchが妥当なところだと思います。

携帯機に比べると、お値段が高いのは、コレはもう仕方ないと思うしかない…。

あとはこれで移行が成功すればいいな。じゃないと今度こそスマホへ行ってしまいそうだ…。でもオトメイトってスマホ苦手そうなんだよなぁ…。戦ブラしかりラブクロしかり。


Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) 【Joy-Con (L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド】

スポンサーリンク
ランキング

BLOG ランキング 参加中
 ブログランキング・にほんブログ村へ