映画 刀剣乱舞 感想 ※ネタバレあり

映画刀剣乱舞観てきましたー。ちょっとした感想をば。ネタバレあり。

映画 刀剣乱舞 感想

朝いちばんのファーストショーで観てきました。

内容的には満足です。

田舎なせいか、うちの地元の映画館では早々に上映回数が削られてきているので、早いうちにいかねば!と勇んで行きましたが、いざ行ってみると、スクリーンの客席、ほぼ全部うまってました。刀剣人気すごい。

まずは映画泥棒ですねw 私が見た回は、鶯丸とまんばちゃんが出てましたかね。違法ダウンロードしてる悪い子は、時間遡行軍でした。あと、相変わらずカメラ役のダンサーさんのダンスのキレッキレなこと…。

映画がはじまると、展開の速さにあっという間に内容に引き込まれました。特撮っぽい。展開早い!!

もともと舞台刀剣乱舞を映画館のライブビューイングで観たことがあるせいか、スクリーンに刀剣男士たちが映ってても、特に違和感を抱かずに、すっと入り込めました。

審神者はがっつり出てます。それでいい。優しそうなおじいちゃん審神者いいよいいよー。刀剣男士を気遣ってるし。不動くんに気を使って編成から外すのは、刀ミュの鬼畜審神者(その時代に関係する刀剣を過去に送り込みまくる)とは違うなと思いましたw 刀ミュの審神者も好きだけどね。

三日月も審神者好きオーラ出てていいですね。今回の三日月さんも、舞台の「結いの目」を彷彿とさせる秘密主義で、物語のキーを握ってそうな素振りをしつつ、最後までだんまりを決め込んでましたが、主である審神者の前では気を許してそうで、なんか安心した…。抱え込みすぎる癖は見てて心配してしまう…。秘密もある程度は審神者と共有してたしね。

あ、でもね、審神者と刀剣男士を隔離していたのはだめだと思うんだ。結局あれ、審神者とのお別れできてなくない?新しい審神者ちゃんのお迎えは全員でできてたけど。

そうそう、最後に特別出演?で、キャストに載ってない刀剣男士もみんな出てましたねー。メインストーリー進行中は、遠征に行っていたという設定で、最後はみんな帰ってきてました。

新しい審神者ちゃんを迎えたときの、不動くんの笑顔がなんか印象に残ってますねw 新しい審神者ちゃん、小さい女の子だったんですけど、最後にみんなが幼女審神者ちゃん愛でてるの、すっごくどこかで(※pixiv)で見た画だわーと思いました。幼女審神者ちゃんも人気ある設定だしねぇ。最後に幼女出すのはせこいよ。いやでもほのぼのしてしまう…!

こんのすけは登場せず。あ、でも狛犬(?)っぽい石像がそれっぽいデザインでしたw 幼女審神者ちゃんに出陣命令は無理っぽいから、補佐というか摂政的な役割で、時の政府からこんのすけが派遣されてくればいいのにって思いました。

舞台と負けず劣らずに殺陣がもりだくさんで、刀剣男士たちは戦いまくってました。回復アイテムっぽいの出てたけど、どうせならゲーム内で出てくるアイテムが良かったなあ…。まあでも、あの状況で団子食べたり幕の内弁当食べるわけにはいかないしなw 兵糧丸とかかな?

結構序盤に出てきた、薬研くんとまんばの殺陣とか、推しの二乗で私得だわーと思いました。日本号の気さくな感じも良かったなージャージよい。鶯丸の品の良さもすごく良かったです。骨喰ちゃんもぽやぽやしてると思いきや、最後のあたりで、しっかり芯が固まった感じがしたのもよかったですね。長谷部とまんば、薬研くん、不動くんは舞台でしっかりキャラ固まってますね。安心感。

あとはやっぱり信長と秀吉がすごく良かったですね。私は特に秀吉が好きだ。八嶋さんをもともと好きなのもあるけど。ただ、つくづく信長がかわいそうなお話だなあ…。天下取りで意気揚々としてたのに、最終的に三日月さんに今のあなたはかっこわるいよ的なことも言われるし。

新刀剣男士も登場いたしまして、ある意味、予想通りな展開の進み方でもありましたが、面白かったです。予想通りというか、ストーリーは違えど、パーツが舞台刀剣乱舞と同じというか。

鈴木拡樹さん演じる三日月さんは、もうやりきった感がありますね。新作の刀ステは別の本丸なのかなー。

スポンサーリンク
ランキング

BLOG ランキング 参加中
 ブログランキング・にほんブログ村へ